30代陸上1500M市民ランナーのブログ

趣味の陸上競技の練習やシューズなど日々更新します。

日体大記録会1500m中学記録 石田洸介選手

先日日体大記録会で2ヶ月ぶりの1500mに参加して来ました。
今回ペースが遅かったのもありますが4分6秒もかかってしまい完全に気持ちの弱さと力不足を実感する結果となりました。まあ単純に弱いってことで一人で引っ張ってタイムを出す実力は全然なく今の力だと先頭が3分台のペースで行ってくれないとベスト出すのは難しいとそうです。
そんな中最終組に登場した石田選手「中学生」ですが驚異的な中学記録を樹立。10000mの日本記録保持者と並んでゴールとかもはや桁違いすぎる早さでよくわからないレベルです。

3分49秒72おめでとうございます。

レースの様子はこちら。

https://m.youtube.com/watch?v=MwQIMYz6Iho

我々の代の中学生は全国大会4分6秒で優勝できる時代だったのに桁違いすぎます。

中学生のレベルは着実に進化してるようですが

なかなかマラソンや中距離の日本記録向上に結びつきませんね。

趣味でやってる33歳のおじさんは年齢的にも限界ですので彼にはこれから順調に成長していくことを期待したいですね。

日体大記録会行ってらズームヴィクトリー3の新色既に履いてる人居てビックリ。

オリンピックカラーのズームヴィクトリー3 はピンが削れて来たのでいずれ私も欲しいですね。

市民ランナー歓迎トラックレース!オトナnoタイムトライアル。

 

先日東京代々木の織田フィールドにて行われたオトナのタイムトライアルに参加してきました。http://otona-tt.com

通常トラックレースっていうと記録会でもそこそこ早く走らないといけないので市民ランナーにはちょっと敷居が高いのが現実です。

ですがこのオトナのタイムトライアルは市民ランナーでも参加しても恥ずかしくありません。

今回も3000mは設定20分からありました。

このイベントの特徴は気軽に市民ランナーがトラック5000mなどを体験出来ること。

全種目ペースメーカーがつくこと。

しかも一流の方々が多いです。

800mは今回日本記録保持者の川元選手もいました。

タイムはラップまで計測しレース後すぐに配られます。あくまでも陸連公認記録には登録されませんが計測は正確なので自己ベストとして記録としては残せます。

ただ、公認記録ではないので例えば県選手権の参加標準記録としては登録は通常無理です。

ですがイベントとしては通常の大会と違いピリピリしてないですが各組合設定タイムがあり最終組はかなり早いです。

最終組は3000m8分20秒、1500mは3分台、800mは1分54秒とかかなりガチです。

トップ取ればインターハイにも出場出来るレベルのタイムが叩き出されます。

管理人は800mと3000mとあえて1500mをはずして不思議な組み合わせで参加しました。

800mは設定1分59秒、3000mは8分台の設定タイムで挑みました。

結果両方私も結構ガチで走って自分の目標タイムクリアしました。

普段結構ガチな記録会しか出てない管理人ですがとても楽しめましたので市民ランナーの方も是非参加してみて下さい。

参加者にはヴァームとプロテイン配られました。

夏の練習でガンガン体脂肪エネルギーにして走り身体も作りましょうという感じですね。

重いので通販で私はよく買います。

私は現在長距離のくせにこれ飲んでます↓

また、織田フィールドは練習場所としてもオススメです。

開放日なら無料でトラック練習できます。

ちなみに最近の利用予定表こんな感じ⬇︎

都内の貴重なトラック練習場所です。

f:id:m6610511:20170911220238j:image

f:id:m6610511:20170911220337j:image

 

 

 

800m1分台の練習。

本日800mの1分台を出す練習について書いてみたいと思います。800m1分台という記録はこの種目をやってる人からすると重要な記録になるかと思います。中学なら全国大会に出場でき高校でも1分台を出せればその年にもよりますが

そんなにレベルの高くない県なら6位以内に入ることができます。

そういった意味でもまずは1分台というのを目指し頑張ってる方が多いと思います。

管理人の私の自己ベストは15年前に高校時代に出した1分58秒86で先日33歳で1分59秒88と15年ぶりに1分台を出しました。

ちなみに最近の私のやってた練習はJOGは最大でも60分。キロ4分を少し超えるレベルのものを週一回。スタミナ対策はこれのみです。

それ以外はポイント練習以外の日は30分のゆっくりJOGと軽い流しのみでつなぎました。

主なメニュー⬇︎

*60分JOG キロ4分ちょい。+流し

*600m×2本(1分29秒)休憩20分 レペ

その後200m×5(30秒以内)インターバル200m

*300m×3(45秒以内)リカバリー200m

セット間10分休憩で3セット

※600m×7(1分45秒以内)

2週間に一回くらいスピード持久力対策にやります。

※200m×5 26秒台 リカバリー400mw

この練習メニューで1分台が出ました。

あくまで参考として書きましたが短距離型か長距離型かによってもメニューは変わると思いますし本来800mだけを専門にするならもっと短い距離の練習をすることが望ましいと思います。

本来600m×7とかは完全に長距離のインターバルなのでこれは省いていいかなとは思います。

前提としてこの練習は3000m8分台の持久力がないとこなせません。800mはスピードがあれば8分台の持久力は必要ないです。

ちなみに私は長距離型なのでスピードがあまりありません。

400mの走力は現在は1分台出せるギリギリの水準の55秒くらいだと思われます。本来800mで1分台を出すには最低でも53秒くらいの走力があることが望ましい。

現実的には800mを400m55秒の走力で出すには3000mを8分50秒切り、1500mを4分くらいで走る持久力が必要です。

私がまさにこのタイプのランナーです。

一応私の主な種目のベストタイム⬇︎

400m   53秒(年齢もあり現在は55秒くらい)

1000m  2分38秒(1人で練習でのタイム引っ張らせれば35くらいはいけるかと。最低でも40秒は1人で走って切れないと厳しい)

1500m  4分3秒

3000m  8分53秒(練習)

5000m 15分20秒(練習)

一応1分台の参考にしてみて下さい。

トラック練習用で首都圏のグランド紹介します。

夢の島競技場です。団体なければ個人利用可能です。⬇︎

f:id:m6610511:20170902153223j:image

f:id:m6610511:20170902153320j:image

練習にあたって水分補給と栄養補給はしっかりやりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

1500m自己ベスト更新!

先日1500mの記録会に参加して来ました。

管理人は今年で33歳になりましたが今回のレースで22歳の時の4分4秒95だったベストタイムを4分3秒71に更新することが出来ました。

まさかマラソンやロードレースではなく中距離トラック競技で自己ベスト更新する日が来るとは夢にも思いませんでした。

確かに33歳になると体力の低下やスピードの筋力低下は感じますがやり方次第で人間やれるもんだなと思いました。

体力の低下を感じる部分では昔は前日刺激でいけたものが前日やると走れないということで前々日に強めにやるというふうに変えたら調子がよいです。

私の場合現在のスピードは800mを2分00秒なのでどちらかと言えばスピードよりタイプ持久系だと思います。

もし1500mで4分5秒以内を目標にしてる方がいらっしゃいましたら私が実際に最近やっていた練習を載せてますので参考にしてみて下さい。

本日から新しいスパイクのズームヴィクトリー3を購入して挑みました。

ネットや店頭でもほとんど在庫ないので探すならネットがいいかもしれません。

軽くて蹴れるので私はかなり気に入っています。

33歳になって自己ベスト更新して思うことは練習量を少し減らしながら質を重視するとなんとなくよいということ。

筋力低下により怪我する確率が高くなるのでケアをしっかりすること。

スピード練習はおろそかにしないのは勿論ですがどちらかと言うと速いペースで安定した速度で走れる能力をつけること。

個人的に感じますがペースの上げ下げやラスト一周で稼ぐという走り方は年齢的にかなり身体に負担が大きいということ。

勝負重視のレースはきついですが今回の私はイーブンペースで行くことでベストを更新しました。

63、2分8秒、1000m2分41秒という具合です。

今は先頭のペースが丁度よく運も良かったのです。

あとは食事です。

私は練習後にプロテインを飲んでいます。

ようは練習、ケア、休息、栄養です。

今回私は新しく購入したズームヴィクトリー3で挑みました。2より反発が得られる感じはしますが足への負担はきつめの印象なのでならしながら使った方がいいかもしれません。

あとピンは変更可能ですがニードルピンなので

競技場によっては使用できないところもあるかもしれません。

もう店頭には売ってないので通販で私は買いました。次の入荷は秋の予定とのことです。

 

 

5000Mで14分台を目指すメニュー

高校生なら14分台を一つの目標として練習してる方は多いのではないでしょうか?

5000Mで14分台を出すと県大会をかなり高い確率で通過することができるかと思います。

私も出したことありませんのではっきり言えることは5000Mで14分台を出すのはかなり難しいことであると思います。

たまに天性のスピードがあってすんなり出したりする人も居ますが普通の人はそうはいきません。

管理人のベストは練習のペース走の通過の15分半ですので言うのもなんですが5000Mの14分台は努力次第で必ず出せる可能性のあるタイムだと思います。

1500mの3分台はある程度スピードの才能ないときついと思いますが…

裏を返せばスピードの才能あれば大した量の練習をしなくても走れるのが1500mですが5000Mはかなり練習量に依存するイメージです。

実際に14分台出せても1500mは4分13秒なんて選手も世の中普通にいます。

私が大学の時は14分台が周りにゴロゴロ居ましたがその人達が主にやっていた練習をタイムを添えて並べていきたいと思います。

14分台を出す参考になればと思います。

1  1000m×5 リカバリー200m

これはもはや王道ですね。大体14分台いけてた人は2分55秒以内でこなしてました。

2 600×10  リカバリー200m 設定1分45秒以内

3 400m×10 リカバリー100m 設定70秒以内

欲を言えば68秒以内でこなせるとよい。

参考までに13分台の選手は62秒でできてました。

4 15000mペース走 3分20秒以内で

5 2000m×3 リカバリー400m 6分以内

この辺りが主なポイント練習です。

※一週間の流れで行くと週に2回平均でポイント練習入れていきます。

月曜日 80分各自JOG

火曜日 各自JOG

水曜日 ポイント練習

木曜日 行き20分JOG➕40分ビルドアップ走➕帰り20分JOG

金曜日 各自JOG

土曜日 ポイント練習

日曜日 距離練習(20キロくらい)

以上が大学の時にやっていた一週間の大まかな練習メニューです。

なお朝練については基本的に40分から60分JOGでたまに朝練で12000mのキロ3分半くらいのペース走が入ります。

このぐらいの練習がこなせるようになれば14分台は出るかなという印象です。

ただ大学は箱根も見据えて20キロ走れるようなメニューを組んでますので純粋に5000Mまで走れればよいということであれば距離走を減らしてもっと短いショートインターバルやレペテーションもいれつつポイントを週3回にした方が近道かもしれません。

またJOGについてはクロカンコースなどあればそこで練習するのもオススメです。

また試合やスピード練習で使うシューズですがこれはお好みで使いわけして下さい。

私の周りでは駅伝の影響もありマラソンシューズ派が多かったです。

※マラソンシューズ 

これが個人的には好きで使ってます。

・ミズノも軽量なものなど色々あります。

※スパイク

・昔ながらの王道LDジャパン

軽量でピンも短いのでマラソンシューズ感覚で普段スパイク使わない人にもオススメ

・ミズノ派の人はこち

・ナイキ!私はこれ使ってます。

ファラーや大迫選手も使用してるモデル

超軽量!ただし他のスパイクより筋力必要です。

という感じで自分に合う練習、シューズで14分台目指して下さい。

私も狙えたら今後狙いたいと思います。

 

 

夏におけるランニング

お題「続けている運動」

私も昨日で33歳になりました。

この年齢にしては珍しい中距離市民ランナーですが22歳で出した1500mで自己ベストを更新すべく日々練習しております。

先日は日体大記録会行って来ましたが4分5秒78であと1秒までせまりました。

f:id:m6610511:20170608223415j:image

そんなこんなでこれから夏に入るわけですが気温が上がるとどうしても人間である以上練習量をこなせなくなります。

特に日中30度を超えるような気温での練習は熱中症の危険がある為出来るだけさけるのが無難です。

もし距離を走るなら朝か夜にする方が良いでしょう。

とはいえ日中に練習しなきゃいけない状況もあると思います。

そういう場合は水分をこまめに取りアップや休憩は日陰を出来るだけ選んでやりましょう。

帽子をかぶる、又は走りながら水で体を冷やしながらやるのも一つの方法です。

練習も日中やる場合は距離を短くしたスピードトレーニングを中心に量より質で行いましょう。

1 ちなみに私の水分補給で使っているのはアミノバイタルです。個人的には効果を実感するできるのでよく使っています↓

2 ダイエット目的でランニングをしてる方にはこちらもお勧め↓

こちらは昔たかはし尚子さんでもおなじみだった体脂肪を燃やしてエネルギーに変えるという商品で効率よく体脂肪を燃やすのも助けてくれます。

糖分だけでなく体脂肪をエネルギーとして使ってくれるので走れる距離が物理的には長くなります。

3 あまり私は最近飲んでませんがスポーツドリンクの王道は飲みやすいです↓

4 私が小学生の時にはすでにあった飲み物エネルゲン。薄めて夏よく飲んでました↓

という具合に夏は暑さ対策をした上で無理の内容に練習して秋以降のロードシーズンにつながる練習を心がけましょう。くれぐれも気持ち悪くなったら練習の中断する勇気も必要です。

また、夏は食欲が落ちますがしっかり栄養をとって体作りをしましょう。

私もやってますがしっかり食事をした上でプロテインなどサプリメントを取り入れるのも一つの方法ですので色々試してみるといいと思います。

私は中距離なのでこちらを使っています↓

 

 

 

 

 

 

 

平成国際大学の記録会参加して来ました。↓

�������ۑ��w���㋣�Z��

申し込みはこちらのページを参照

今回は久しぶりに800mのレースに挑みました。

年齢もまもなく33歳ということで個人的にはスピードに自信が無いためかなり敬遠してきたんですが1500mで3分台を出すにあたってスピードの強化が必要との結論に至り参加することにしました。

結果は2分00秒86で1着でした。

個人的手応えは思ってたより良かったです。

何しろ自己ベストの1分58秒出したの約15年前ですからね。

この大会までの準備としてやってたのは1500m3分台となると一周64秒で走らないといけないので800mを1分台で走るスピードがないと一般的には厳しいというわけで珍しく600m×2のようなレペテーション練習を何度か組みました。

最初は1分31くらいで全力でしたが1分29で2本こなせるくらいまでスピード持久的を強化しました。

400mの通過は基本的に58秒で行ってあとは乳酸と戦うみたいな方式。

1人でやってるので誰かとやったら1分27くらいはいけるとは思います。

個人的にこれ800mにはかなり効果的練習だと思います。

個人差はあると思いますが大まかな目安としてこれを1人で1分28くらいでこなせるようになれば本番で1分台も見えてくると思います。

是非練習の基準にしてみて下さい。

ただこの600mの練習は800mのスピード練習としては距離が長いので短い200mのインターバルを29秒で10本走るような練習をしてから挑んだほうがいいと思います。

今回はナイキのズームヴィクトリー2を8ミリピンで挑みました。

人それぞれありますが私は1500mは7mm、800mは8mm派です。

8mmはかなりトラック噛みますが筋力がいりますので皆さん走りやすい方で挑むと良いです。

その他中距離でお勧めスパイク

アシックス

ミズノ